4月20日発売の「フライデー」(講談社)にて、俳優の瑛太からの酒席での暴行被害疑惑が報じられた関ジャニ∞の錦戸亮。記事によると、4月10日の深夜、東京・恵比寿の高級ラウンジに仕事関係者と訪れた2人は飲酒。酔っ払った錦戸が瑛太に失礼な態度をとったことが発端だと記事には書かれている。


「芸能界では錦戸の酒乱ぶりは有名ですので、彼へ同情する人は少ないようですね。ジャニーズ事務所でさえこの事件をなかったことのようにしていますし、瑛太に対してよほどの失礼があったと推測しているのでしょう。酒乱・錦戸の自業自得といったところですね」(テレビ局勤務)

ジャニーズのアイドルは酒豪が多いが、中でも錦戸と同じく酒乱といわれているのが同じく関ジャニ∞の大倉忠義だ。大倉は2017年12月6日放送の『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)のゲストだったタレントのIMALUに酒癖の悪さをバラされている。

大倉とIMALUは、母・大竹しのぶを通じて旧知の仲。それゆえ普段から飲みに行く仲である2人を、番組では他の関ジャニ∞メンバーが交際を勧める展開に。大倉はまんざらでもない様子だったが、IMALUが「酔っぱらってトイレに閉じこもる人は嫌」ときっぱり。そこからIMALUが大倉の酒癖の悪さについて語り始めると、同グループの村上信五が「めちゃくちゃ飲むやろ?」、横山裕が「むちゃくちゃなるやろ?」と話に加担した。

村上に「なんか迷惑被った?」「どんなパターン?」と尋ねられたIMALUは「基本寝るじゃないですか? 最終的に」と一言。大倉と一緒にカラオケに行った際に、さんざん飲んだ後にトイレから出て来なくなったことを暴露。だいたい大倉と一緒に飲むとトイレに閉じこもられることが多いと苦々しい顔で語っている。

「大倉さんは、ドラマで共演した東山紀之さんからも酒の強さについて一目置かれており、“ジャニーズの白鵬”と言われています。しかし若い頃に比べると弱くなっているとか」(週刊誌記者)

また、タチの悪い酔い方がウワサされるのが、現在メニエール病の再発により活動休止を余儀なくされている今井翼。今井は多い時は週5の勢いで銀座のクラブに足を運び、メリー喜多川氏への不満を口にしながら酒を浴びるほど飲んでいたことが16年10月発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて報道されている。

「今井さんは過去、自分のラジオで酔っ払うと大先輩・東山紀之さんのことを『ヒガシ』と呼び捨てにしてしまうことを暴露していますし、飲むと気が大きくなってしまうタイプなのは間違いない。スペイン好きな今井さんらしく、お気に入りの酒はカヴァというスペインのスパークリングワインだそうです」(テレビ局勤務)

さらに、若手ジャニーズも負けてはいない。泥酔状態になり路上で女性に抱きつき110番通報されたのがHey! Say! JUMPの中島裕翔。中島は16年4月に女優・吉田羊との“連泊愛”が報じられたが、事件を起こしたのは4月1日。女性が被害届を出さなかったために事件化しなかったが、事務所はこのせいでHey! Say! JUMP全員に禁酒令を出したといい、中島は酒好きが多いメンバーたちから総スカンを食らったという。

「中島さんが泥酔事件を起こすのは2度目ですからね。1回目は14年7月に、靖国神社の『みたままつり』で大騒ぎし警備員に注意されています。酒乱と言われてもしょうがない酒癖です」(芸能事務所勤務)

ストレスも多いだろうアイドル業、酒を飲みたい時も多いだろうが、酒乱の気がある人たちは重々注意してもらいたいところだ。